転職に残業代を請求したことは影響する?

 昔とは異なり現代では、仕事を行う場面では労働基準法を順守することが求められるようになりました。その結果としてサービス残業や休日出勤、時間外労働などを行った際には、会社側は労働者に対して法律で定められている通りに給与を支払うことが義務化されています。しかし、実情としては異なるものがあり、サービス残業をしても残業代が未払いのままの状態で就業を強いられている方も数多くいます。

契約書

 このような状態であれば、一般的にはタイムカードなどをコピーしたり、写真撮影を行う方法、メモ帳などに書き記す方法で証拠を保存しておき、サービス残業分の未払い残業代を請求することができます。法律を守っていない会社に勤務をしてしまった場合では、いわゆるブラック企業に相当している可能性も否定できないので、請求後に退職を行って転職活動を行うことを希望している方もいます。

 しかし、人によっては未払いの残業代を請求したことで、転職時の面接に影響してしまうことを懸念される方もいます。この内容に関しては、個人情報保護法によって会社側は問い合わせに対して返答することが原則としてできないことになるので、問題が生じてしまことがありません。もしも問い合わせに対して応じてしまった場合でも、労働者にとって正当な権利を主張しただけなので、面接時に影響を受けてしまうような会社の場合では入社をしない方が安全です。

残業代の計算

 入社してしまった場合、残業代がきちんと出してもらえない場合も多くあります。雇用形態が残業代が出ないと思い込んでいいる方も多いのですが、実は結構でます。というか、法的に出さないといけない場合が多くあります。残業代弁護士の残業代請求に詳しい弁護士にあなたの具体的な雇用契約書を見せて(弁護士は守秘義務が法的にあり、絶対に秘密は厳守されます)残業代がでるかどうか聞いてみましょう。

ページ上部へ戻る