車に同乗していたら事故に巻き込まれた 損害賠償は請求できるの?

 友人や親類などの車に同乗していた時に事故に巻き込まれたという場合には、同乗者は誰に対して損害賠償を請求すれば良いのかという事が問題となります。車同士の事故であり、相手の車に過失がある場合は相手方に対して損害賠償を請求することが出来ます。しかし、一方で同乗していたドライバーに過失があるというような場合には、必ずしもその請求通りに賠償されるとは限りません。その理由としては、好意同乗と言われる事があります。

 あまり、馴染みのない言葉かも知れませんが、好意同乗は事故発生時にお金を取らずに他人を車に載せていて、その同乗者に損害を与えたという場合には、車の所有者もしくはドライバーが同乗者の損害賠償額の一部を減額することが出来るというものです。減額することが出来るか否かやその程度については、同乗者の事故発生もしくは損害拡大に向けられた注意の程度などにより判断されることとなります。なお、好意同乗中の事故での好意同乗行為それ自体が過失であるということは出来ませんので、好意同乗があったということを理由にして賠償額が過失相殺により減額されるということは原則としてありません。

coride

 例外としては、無免許や酒酔い、著しい速度超過、過労運転などが同乗者の指示で行われていた場合もしくはそのような状態であると知っていたにも関わらず黙認していたという場合です。このような場合には過失であると判断される為、減額される可能性があります。

ページ上部へ戻る