交通事故紛争処理センターとは?

 交通事故紛争処理センターは東京本部をはじめとして、札幌や仙台など全国11か所に支部や相談室を設置しています。交通事故示談に関する紛争の早期解決を目指し、交渉のサポートを無料で行っている公益財団法人です。

 交通事故紛争処理センターの業務には、交通事故被害者の示談相談に示談の合意のためのアドバイス、弁護士の紹介や審査手続きとなっています。審査手続きというのは示談が難しい時などに事故当事者の申し立てで、法律の専門家で構成させる審査会が開かれるため、双方から事情を聴いたうえで、過去の判例も参考に審査し裁定を行うことです。

 審査員は法律学者や裁判官経験者、経験を積んだ弁護士で、公正中立な立場から最もよいと思われる裁定を下します。無料で利用できるため、交通費や証明書などの費用だけで済みます。加害者が加入している保険会社は、交通事故紛争処理センターの裁定案を尊重しなければならないため、当事者や保険会社だけでは困難な交通事故示談交渉が進みやすくなります。

弁護士

 また被害者側には裁定案の受け入れに選択肢があるので、納得できない場合には取り扱いの終了後に、訴訟に持ち込むことが可能です。ただ交通事故紛争処理センターでは公正中立な裁定を行うため、必ず被害者側に有利な解決法になるとは限りません。

 交通事故示談担当の弁護士を選ぶこともできないため、うまく意思の疎通が図れないまま、結局訴訟になることも考えられます。弁護士に依頼するのが難しいときには無料でサポートしてもらえるとはいえ、原則的に被害者本人がセンターへと出向く必要があります。申請書類の取得なども自分で行わなければならず、仕事などを休んで相談に行く分の補償もない点に注意しましょう。このようなことから、ご自身のケースで交通事故紛争処理センターに相談するのが適切かどうか、よく考えてから利用する必要があります。また交通事故といっても依頼を受け付けてもらえないケースもありますので、よく確認してから相談するのが良いでしょう。またもし交通事故紛争処理センターに相談しているなかで色々と思うことがあれば、交通事故に強い弁護士に相談するのも良いですね。

ページ上部へ戻る