不動産証券化について

 不動産証券化とは、不動産から得られる収益を元にして投資家から資金調達を行う方法です。具体的には投資家は賃貸ビルや商業ビル等に投資する事により、その運用益に応じて配当を受け取る事が出来ます。不動産証券化には大きく分けて2つの方法が存在しているのです。それは特定の不動産を証券化する資産流動型と、複数の不動産を対象としてファンド運用を行う資産流用型だったりします。現状では資産流動型の方が多く、一般的な不動産証券化の方法となっているのです。

 不動産への投資と言うと、基本的に高額なお金が必要というイメージを持つ人が多かったりします。特にマンションの個室や一戸建てといった小規模でなく、一棟ものの不動産物件への投資となるとかなり莫大な資金が必要です。そのため、一棟ものに投資を行える投資家は非常に限られてしまいます。

 ところが、不動産証券化を行う事で、その問題を解決する事が可能です。というのも不動産の価値を小分けにしてする事により、投資家は資金が許す範囲内で投資を行う事が出来る様になります。個人でもマンションやビル一棟といった規模の大きな不動産物件にも投資する事が可能になる点は非常に魅力的です。

証券化

 この事は投資する側だけでなく、物件を提供する側にもメリットとなります。ビルやマンションの一棟を所有する人がその物件を売却しようとすると、価格が高額過ぎて買い手が限られてしまうのです。お陰で売却したいけど、買い手が見付からないまま時間だけが過ぎて行くという状況に陥るケースが少なくなかったりします。この様に流動性が低いが故に、最終的には不利な条件で売却する羽目になる事も多いです。

 ですが不動産証券化して価値を小分けにする事で、買い手の幅を大きく広げる事が出来ます。実際に数億円以上の価値がある物件となると、個人で購入出来る人物はかなり少ないです。所が有価証券化して価値を細分化する事で、数百万円からでも投資する事が可能になったりします。この金額であれば個人でも投資出来る人が多いので、高額物件の流動性の低さを改善する事が可能です。

ページ上部へ戻る