後遺障害等級の異議申し立て

等級の認定の申請先は自賠責保険の審査会で、手続きの方法は事前認定と被害者請求の2通りあります。
事前認定というのは加害者の保険会社に全ての手続きを任せる方法で、被害者請求は被害者自身が書類を揃えて申請手続きをするやり方です。
事前認定では被害者は自分で手続きすることがないので事務処理的な負担はありませんが、提出される書類などを自分で見ることができないため、事前認定の場合納得いかない等級でその後の示談交渉を進めなくてはならなくなる可能性があります。
後遺障害の症状固定には時間がかかりますし被害者としては慎重に進めたいところですが、損害賠償請求には時効が定められていますのでその期間内に示談成立としなくてはなりません。
そこで、交通事故で後遺障害が残ってしまったら、後遺障害等級認定の経験が豊富な弁護士に相談、示談交渉の代理人になってもらうのがベストです。

交通事故が得意な弁護士の先生は障害の等級の認定に関わる医療の知識も豊富で、等級の認定のための被害者請求を丁寧にサポートしてくれます。
また、既に等級の認定がされているケースでも、その等級に納得がいかない場合は異議申し立てや再申請の手続きを積極的に行い被害者ができるだけ多くの賠償金を受け取れるよう尽力してもらえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ