理想の弁護士-熱意と専門性-

交通事故 一番怖いのは事故後の対処

 交通事故は誰にでも起こる可能性のあるものです。そのため交通事故にあった後示談交渉を自力で行うという人も多いですが、失敗する可能性も高く損害倍賞額が低くなってしまうという可能性もあります。

 特に交通事故にあって後遺症が残ってしまった場合には、慰謝料の他に精神的負担の軽減のためにも弁護士を依頼することをおすすめします。怪我をして後遺症まで残ってしまったという場合、後遺障害診断書を請求したり、保険会社に対して事務手続きをしなくてはならなくなります。事故で心身ともに弱っている時に自分でやろうとすると、肉体的にも精神的にも負担は大きくなってしまいます。書類の請求漏れもある可能性があるため、自力で行うと手続きがスムーズにいかなくなり請求がうやむやになってしまうというケースも多くあります。

医師と患者

 どうしたら良いのかわからないという場合でも、全国には初回相談を受け付けている法律事務所があるため、それらを賢く利用することが大切です。また、被害者が加入している保険の中には弁護士費用を特約としてつけていることもあり、それを利用すれば弁護士費用を保険会社から支払ってもらうこともできるようになっています。より多くの慰謝料や給付金を受け付けるためには、きちんと法律の専門家を頼ることによって保険会社から提示された金額が多く変わることが多く、被害者が納得して心身ともに癒すためにも納得のいく解決方法を弁護士に頼ることで得られる可能性が高くなります。

弁護士に頼んで良かった

後遺障害等級の異議申し立て

 等級の認定の申請先は自賠責保険の審査会で、手続きの方法は事前認定と被害者請求の2通りあります。事前認定というのは加害者の保険会社に全ての手続きを任せる方法で、被害者請求は被害者自身が書類を揃えて申請手続きをするやり方です。事前認定では被害者は自分で手続きすることがないので事務処理的な負担はありませんが、提出される書類などを自分で見ることができないため、事前認定の場合納得いかない等級でその後の示談交渉を進めなくてはならなくなる可能性があります。

交通事故に強い弁護士

後遺障害等級認定を受けるのも弁護士が一緒に味方になってくれるでしょう

 後遺障害の症状固定には時間がかかりますし被害者としては慎重に進めたいところですが、損害賠償請求には時効が定められていますのでその期間内に示談成立となるか、時効をとめなくてはなりません。しかし安易に示談を結んでしまうとあとで取り返しがつきません。いったん示談書にサインをすると、基本的には取り返しがつきません。サインをする前に最善をつくしましょう。その点、交通事故弁護士で全国対応の法律事務所か近所の弁護士を探してまずは無料相談に申し込みましょう。今はたいていの法律事務所が無料相談を実施しています。気軽に状況を話して相談をしてみることをオススメします。

交通事故に強い法律事務所での無料相談

 交通事故が得意な弁護士の先生は障害の等級の認定に関わる医療の知識も豊富で、等級の認定のための被害者請求を丁寧にサポートしてくれます。また、既に等級の認定がされているケースでも、その等級に納得がいかない場合は異議申し立てや再申請の手続きを積極的に行い被害者ができるだけ多くの賠償金を受け取れるよう尽力してもらえます。示談交渉を依頼すると、もちろん金額が上がるし、加害者の保険会社と面倒なやりとりをしなくても良くなるというメリットもあります。

 

ページ上部へ戻る